FC2ブログ

プロフィール

Dr.muse

Author:Dr.muse
ミューズ矯正歯科
112-0013
東京都文京区音羽2-11-19-3F
03-3944-5020
有楽町線護国寺駅近くの歯科医院です。歯並びの治療やホワイトニングをあつかっております。
日々の診療で感じたことや歯科の新しい情報、音羽の街の様子などを綴っていきたいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


ブログ内検索

秋の椿山荘

この前、私の自宅に両親と弟が来たので、椿山荘にランチに行きました。
お庭は美しくとても癒されます。両親がとても喜んでいました。






ランチはお庭の中にある「無茶庵」というお蕎麦屋さんでいただきました。写真は野菜ときのこの天ぷらそば。手前が温かいそばで、奥が冷たいものです。そばも美味しく、スタッフの皆様の対応も素晴らしく、お庭も素敵で、楽しいランチを過ごすことができました。普通のお蕎麦屋さんの倍くらいのお値段ですけど、価値があると思いました。椿山荘内の他のレストランに比べたらお手頃ですし。




椿山荘は近いけど、なかなかゆっくり明るい時にお庭を歩くこともなかったですが、今度から時々お散歩(&ごはん)したいと思いました。お勧めです!!

スポンサーサイト

花火を見てきました!

暑い日が続きますね!
私の郷里の長岡では、8月2日3日の2晩、花火大会があります。
年々規模が大きくなり訪れる方も増えているのか、駅や道路の混雑は相当なものです。百万もの人が花火大会に来るのだそうです。花火の方も規模が大きくなっているように思います。

私はほぼ毎年観に出かけています。
信濃川の河川敷で打ち上げられますが、近くで見る花火は大迫力で感動モノです。観覧指定席があるので便利です。
私は親孝行で花火大会に行っていますが、皆さんも機会があればぜひ一度見ていただきたいです。

2018花火1

花火が降ってきます。


2018花火2

伝統の正三尺玉。

ハーフリンガル

最近当院では「ハーフリンガル」で治療をしたいというご希望の方が増えているように思います。
リンガルというのは矯正器具(ブラケット装置)を歯の表側ではなく裏側(リンガル=舌側)につけて治療をする方法です。「ハーフ」というと半分リンガルということになりますが、通常は上だけリンガルにして下は表側に器具をつけることをさします。

リンガルブラケットによる矯正治療のメリットは、なんと言っても「見えないこと」ですが、表側ブラケットによる治療に比べていくつか欠点があり、それをカバーするのが「ハーフリンガル」というわけです。

1)リンガル矯正は表側の装置に比べて治療費が高いが、ハーフなら少し安い。
一般的に総額で1.5倍ほど違うと思いますが、ハーフリンガルであればその中間くらいの値段設定でしょう。当院であればフルリンガルに比べてハーフリンガルの方が15万円お安くなっています。

2)しゃべりにくさがずっと少ない。
リンガル矯正では個人差がありますが、話しにくい・舌のあたる違和感があることがあります。下の器具のほうが違和感につながりやすいので、下だけ表側にするとしゃべりにくさは半分以下になると思います。

3)治療がスムーズに進みやすい。
専門的な話になりますが、リンガル矯正の欠点として、特に抜歯ケースでは歯が傾斜移動しやすいことが挙げられると思います。最新の装置ではそれをカバーするようなデザインになっていますが、下顎は上顎に比べて骨が硬かったりカーブが強かったりするため、それでも傾斜がおきやすいように思います。ですので、下だけでも表側にした方が、治療が早く終わるケースも多いのではないかと思います。

4)下の装置は表でもほとんど見えない。
表に器具を付けて見えたらどうしよう、と心配される方もありますが、大抵の方は口を開けても下の前歯は上の部分しか見えませんので、装置は下唇に隠れます。中には、笑ったときに見える人もあるかもしれませんが、そういう場合には鏡を見てスマイルの練習をすることをお勧めします。口角を上げて笑えるようになれば、装置も見えないし笑顔も素敵になるので一石二鳥ですね。

今年も桜が咲きました

音羽の周りには桜のきれいなところがたくさんあります。
この写真は雑司ヶ谷霊園の夕暮れ時の桜です。


こちらは、私の楽器ケース。桜の花を散らしてみました。

ホワイトニングの照射器が新しくなりました

当院ではホワイトニングを行っております。多くの方の歯を白くしてきたホワイトエッセンス式によるホワイトニングを、今までも自信を持って皆様におこなってきましたが、この春から照射器が新しくなり、より快適なホワイトニングをご提供できるようになりました。

何が違うかというと、厚労省認可クラス1であったのがクラス2になった。つまり、より効果が期待できるものになったということです。具体的には、一般的なホワイトニング用照射器は、熱でホワイトニング薬剤の効果を高めるものだったのが、光で活性化させることにより歯が白くなることが認められたということらしいです。

新しい照射器で行うことで、以前の照射器より短時間で、痛くなく処置ができるようになりました。これを機会に、ぜひお試しください。



実はこの照射器には1台1台に名前がついており、うちのはLaylaちゃんといいます。彼女に代わりまして、どうぞよろしくお願いします。
 | ホーム |  » page top