プロフィール

Dr.muse

Author:Dr.muse
ミューズ矯正歯科
112-0013
東京都文京区音羽2-11-19-3F
03-3944-5020
有楽町線護国寺駅近くの歯科医院です。歯並びの治療やホワイトニングをあつかっております。
日々の診療で感じたことや歯科の新しい情報、音羽の街の様子などを綴っていきたいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーツァルト!

10日くらい前から、クリニックに流す音楽を変更いたしました!

今まで、お気軽系のいろいろな曲がセットになっている、BGM向けに作られたのかな?と思うようなCDをかけていたのですが、今はモーツァルトの弦楽四重奏曲をかけています。

弦楽四重奏というのは、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロの4人で演奏する形態で、世の中には数多くの名曲があり、管楽器を演奏する私にとって、素晴らしい弦楽四重曲が演奏できる弦楽器の人が本当にうらやましいと思うことがあります。

モーツァルトは皆さんご存知の天才作曲家で18世紀の人ですが、弦楽四重奏曲は23曲もあります。後半の曲を当院では流していますが、どの曲もいいですね~。一般的に弦楽四重奏曲というと交響曲のように4楽章からなる形式ですが、有名な「アイネクライネナハトムジーク」とかディベルティメント第1番などは、弦楽四重奏の形態であっても、23曲の弦楽四重奏曲には含まれていません。セレナード(夜曲)やディベルティメント(喜遊曲)は自由な形式で、食事や祝賀会などで演奏されるために作曲されたもので、弦楽四重奏のための曲もたくさんあります。

当院では、「スピーカーレス・サウンド・システム」を使って音楽を流しています。スピーカーの代わりに壁を振動させて空間全体を心地よい音環境にするため、癒し・リラクゼーション効果があるということです。私もいろいろ試してみたのですが、オーケストラのような編成の大きい曲は向かないようで、単楽器もしくは編成の小さい室内楽がよいように思いました。鳥の声や川のせせらぎといったCDも試してみたのですが、今一つ淋しい感じがしたのであります。
モーツァルトの弦楽四重奏曲ばかりだと飽きてきたので、そろそろ他の曲も検討しようと思います。リクエストあれば、ください!!
スポンサーサイト

レモンティーにご注意?!

先日テレビの健康情報番組で、歯の着色の実験をやっていました。

さて問題です。以下の飲み物で一番歯に着色しやすいのはどれでしょう?
1)コーヒー  2)紅茶  3)赤ワイン

どれも着色しやすそうですね~

実験は牛の歯を樹脂に埋めて断面を作り、それぞれの液に入れて37度で24時間(だったかな?)置きました。結果は紅茶が一番染まっていました。
色はコーヒーの方が濃いように思うのですが、紅茶なんですね~。
原因は紅茶に含まれるタンニンがお口の中のカルシウムや鉄と結合して歯の表面に着いてしまうからだそうですよ。

さてまた問題です。以下の紅茶の飲み方で一番歯に着色するのはどれでしょう?

1)ミルクティー  2)レモンティー  3)ストレートティー

実験結果はレモンティーでした。原因はレモンに含まれるクエン酸が、歯の表面に一時的に脱灰(カルシウムが溶けてしまう)を起こすので、そこに着色してしまうんですね。

ということで、レモンティーを飲んだ後は歯のケアをしましょう。
コーヒー、紅茶、ワインを飲むな!なんて申しません。着色してしまったら、歯医者さんで白くして、着色しにくいようにツルツルな歯にしましょう。
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。