プロフィール

Dr.muse

Author:Dr.muse
ミューズ矯正歯科
112-0013
東京都文京区音羽2-11-19-3F
03-3944-5020
有楽町線護国寺駅近くの歯科医院です。歯並びの治療やホワイトニングをあつかっております。
日々の診療で感じたことや歯科の新しい情報、音羽の街の様子などを綴っていきたいと思います。


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本舌側矯正歯科学会

今日は日本舌側矯正歯科学会大会に参加してきました。麹町の都市センタービルでした。写真のように少人数のこじんまりとした学会でした。矯正歯科を専門としている歯科医師の中でリンガルブラケット装置による治療に重きを置いている人はそれほど多いわけではなく、この学会の会員は400名ほどだということです。

私は積極的にこの学会に関わっているというわけではありませんが、情報はできるだけ得たいと思い、都合が付く限り参加しています。
今日のテーマは「バイオメカニクス」。リンガルブラケットでの治療において、どういう力をかけるとどのように作用するかという話です。一般的な表側の矯正器具と、裏側のリンガルブラケットでは、同じワイヤーを入れても歯の動き方が違います。その辺を良く理解していないと、リンガルブラケットでの治療はうまくいきません。
私は、数年前から「インコグニト」を使用しているので、あまり頭を悩ませなくてもうまく歯が動いてくれてストレスがないのですが、あらためてリンガルブラケットでの矯正力の作用について、整理して理解できたかなと思います。

この学会では認定医制度があり、私はリンガルブラケット歴20年だし、当院でもある程度行っていますので、申請しようかな~とも思うのですが、それよりも日本矯正歯科学会の専門医の方が先かな。それより来年は移転なので、それどころではないです(スミマセン~)。
111123.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://drmuse.blog48.fc2.com/tb.php/21-aba77388

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。